横浜農家の採れたて旬の野菜直売所ふれすこ
FRESCO
本文へジャンプ


「FRESCO」代表 苅部博之
横浜市の保土ヶ谷区で露地野菜を栽培、販売しています。農地面積は、約2.5ha。年間で70品目ほどの露地野菜を栽培しています。
 近年では、外国産問題や、健康志向により、野菜を摂取しようという人が増えていると思われます。安全である事は勿論前提ですが、「美味しいから食べたい」と言われるような野菜を作りたいと思っています。
 
品種:どの野菜もそうですが、数多くの品種があります。その中でもおいしい品種を選び栽培するようにしています。また、在来種(昔からの固定種)も使っています。おいしい品種は作りにくかったり形が良くなかったりしますが、少しでもおいしい野菜を作りたいと思っています。
鮮度:野菜のおいしさは鮮度が1番だと思うので、FRESCOでは朝に収穫したものをその日の午後に販売しています。また、品薄になると近くの畑から補充しています。

FRESCOの挑戦
 FRESCOのオリジナル大根「苅部大根」は自ら新品種を求めて納得のいく味や色になるまで9年かけて育て上げた大根です。
 
 辛さ控え目なのでサラダや酢漬けに向いています.
見た目もきれいなこの大根をぜひお試しください。

2011年1月  神奈川新聞

FRESCOのオリジナル「苅部大根」が神奈川新聞で紹介されました。